緑内障

緑内障

緑内障とは

緑内障は、眼圧などの影響によって視神経が障害され、視野の中に見えない部分ができ、それが徐々に広がっていく病気です。眼圧とは、眼球を正常な形に保つために必要な圧力のことです。眼圧が高くなると、視神経が集まっている視神経乳頭が圧迫され、神経が徐々に障害されていきますが、眼圧が正常でも視神経を圧迫することがあります。日本人の緑内障の約7割、眼圧が正常なタイプの緑内障といわれております。適切な治療をせずに放置していると、最終的には失明してしまうこともあります。

緑内障の検査

緑内障を診断するには視力検査、眼圧検査、眼底検査、隅角検査、OCT(光干渉断層計)検査、視野検査を受け、これらの検査の結果から、総合的に緑内障かどうかを診断します。健康診断や人間ドックでも、視力や眼圧の検査は行われますが、それだけで緑内障を診断することはできません。視力が低下するのは緑内障がかなり進行した段階であること、日本人の緑内障は眼圧が正常範囲にあることが多いからです。40歳を過ぎたら、眼科を受診し、検査を受けることをお勧めします。

緑内障の治療

緑内障に対しては、眼圧を下げる治療が行われます。まずは、点眼薬で眼圧を下げます。この治療で障害された視神経が元に戻ることはありませんが、点眼薬で眼圧を下げることが、生涯視野を保つのに有効であることは確認されています。点眼薬を使用しても、徐々に障害が進むことはありますが、将来の失明を回避できることが多いのです。

点眼薬には、房水を流れやすくする薬と、房水の量を減らす薬があります。第一選択薬は、房水を流れやすくするプロスタグランジン関連薬です。これを中心に、ほかの薬を組み合わせることもあります。また、最近は2種類の薬を配合した薬も登場しています。

点眼薬でも不十分な場合には、レーザー治療や手術で眼圧を下げます。